スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TimeMachine v0.1 リリース 

Dark-Alex氏による TimeMachineがリリースされました。

このツールは、Pandora Battery を使用して、過去のFWやCFWをメモリースティックから起動するツールです。

すごいですね。でも、使う機会がない気がするのは僕だけ?

もっとも、僕は導入する予定がないです。

ちなみにTimeMachine v0.1では

旧型PSP FW 1.50 の起動。

旧型PSP CFW 3.40 OE の起動。

新型PSP CFW 3.60 M33 の起動。

3.40 のハードウェアモジュールを混合した 1.50 カーネルの起動。

となっております。

さっきも書きましたが、僕は導入する気がないので 

あとはひとりごとぶろぐ様を見て導入してください。

では^^
FC2BLOGランキング
人気ブログランキングへ
クリックしないと許さないんだから!!(・ω・`)乙
スポンサーサイト

Despertar del Cementerio v4 

どうも、

今日はパンドラバッテリーを使用して、 PSPを改造したり、 Flashの壊れたPSPを直す、

Despertar del Cementerio v4の紹介です。

v4ってことは v3もあるの!?という方、ご名答です。 v3もあるのですが、最新版の方がよろしいかとお思い、

v4にしました。

では 導入法を。

その前に カスタムテーマを標準に戻しておいてください。

必要なもの
1、Despertar del Cementerio v4
2、CFW導入済みのPSP-1000かPSP-2000
3、Magic Memory StickとJigkick Battery
4、FW1.50の公式アップデータ
  FW3.40の公式アップデータ
  FW3.80の公式アップデータ

導入前にやってほしいこと

パンドラバッテリー内にある、mspformatをコマンドプロンプトにドラッグ&ドロップし、

空白の後に メモステのドライブ名を入力してください。例 メモステのドライブがGだったら  ( G)というふうに入力。 Enterを押し、 yを押し、Enter これで完了

次に フォーマットしたメモステの中に、PSPフォルダをつくり、その中に GAMEとGAME150というフォルダを手動で作成してください。

導入法

1、Despertar del Cementerio v4をDL、解凍する。

2、中にある、despertar_cementerioというフォルダを PSP→GAMEに入れる。
3、FW1.50のEBOOT.PBPを150.PBP
  FW3.40のEBOOT.PBPを340.PBP
  FW3.80のEBOOT.PBPを380.PBPとそれぞれリネーム

4、先ほどリネームした3つのアップデータをメモステの直下にコピー

5、XMBより、Despertar del Cementerioを起動してください。

6、×ボタンで 起動に必要なファイルが生成されます。

7、ここからがちょっとややこしいです。 次にパンドラバッテリーを作るのですが、
もう起動に必要なファイルを6で作っているので、メモステをいじらないでください。

8、パンドラバッテリーのフォルダの中に、msinstというものがあるので 
コマンドプロンプトを開き、msinstをドラッグ&ドロップ。
msinst.exe ? msipl.bin(?のところにメモステのドライブ名を入力。)と入力しEnterキーを押す。
yを押し、Enterキーを押す。 Write MS BOOT CODE と出たら成功です。

9、pandora_batteryとpandora_battery%というフォルダを PSP→GAME150に入れる。

10、XMBより バッテリークリエイターを起動

11、×ボタンを押し バッテリーをパンドラに。

12、改造したいPSPに メモステ→バッテリーの順に入れる。

13、下のようなものが表示されたら成功。

使い方
×ボタン = CFW3.80 M33-5 のインストールします

○ボタン = 公式FW3.80をインストールします。

□ボタン = NANDを ms0:/nand-dump.bin としてバックアップを行う(できればやってください。)

L・Rトリガー+start+home = バックアップをした nand-dump.bin を書き込む、(危険なのでやらないほうがいいです。)

改造したバッテリーはこの記事を見て元に戻してください。

FC2BLOGランキング
↑クリックお願いします。 
人気ブログランキングへ

パンドラバッテリーで改造したバッテリーを修復 

今日は 昨日紹介した パンドラバッテリーで改造したバッテリーを戻す方法を紹介します。

って言っても簡単なんですけどね。

用意するもの

CFWかFW1.50のPSP
バッテリー改造に使ったアプリ

解説
1、まず PSPからバッテリーを抜き、ACアダプタだけでPSPを起動してください。

2、XMBから バッテリー改造に使ったアプリ(バッテリークリエイターだったかな?)を起動。

3、□を押す (ここでバッテリーを改造したときには×を押したと思います。)

4、バッテリー修復完了。

終わりです

FC2BLOGランキング
クリックお願いします。↑

すべてのPSPをダウングレード (PSP-1000) 

今日はあの有名なダウングレーダー、パンドラバッテリーを紹介しましょう。

一言で言うと バッテリーを改造し、FW1.50を強制上書きします。

必要なもの
FW1.50かCFWのPSP
ダウングレードしたいPSP
予備のバッテリー
パンドラバッテリー
256MBから4GBまでのメモステProDuo
FW1.50のアップデータ

ここから解説
1、パンドラバッテリーをDLし解凍する。

2、メモリースティックをPSPでフォーマット

3、PSPをPCをUSB接続。

4、コマンドプロンプトを開き、ダウンロードしたPandora内のmspformat.exeをドラッグ

5、・・・pandora¥mspformat¥mspformat.exeと表示されるので、
空白とPSPのメモステのあるドライブ名を書き、Enterを押す
例c:¥mspformat¥mspformat.exe ?(PSPのメモステのドライブを?のところに入力)

6、フォーマットしておk?みたいな事を聞かれるのでYを押し、Enter

7、USB接続を切り、メモステを抜いてまた差し込む。

8、再度USB接続し、PSP/GAME(またはGAME150)フォルダを自分で作る。

9、batteryフォルダとinstallerフォルダ中のフォルダをGAME(GAME150)フォルダに移動する

10、FW1.50アップデータをUPDATE.PBPとリネームし、PSPのメモステの直下にぶち込む。

11、USB接続を切り、メモステを抜いて、また差し込む。

12、PSPでinstallerを実行し、待つ。

13、上が終わったら PCと接続してUSB接続、コマンドプロンプトに、msinst.exeをドラッグする。

14、msinst.exeのあとに空白、MSのドライブ名、空白、MSのドライブ:\msipl.binと入力しEnter 例・・・\msinst.exe ? ?:\msipl.bin(? ?のところにメモステのドライブ名を入力 例えば リムバブルディスク Gだったら G Gと入力)

15、USB接続を切り、メモステを抜いてまた差し込む。

16、PSPでbattery実行→×ボタンでバッテリーを改造。

17、電源を切り、充電器、バッテリーをはずす。

18、ダウングレードしたいPSPにメモステ、バッテリーの順で入れるとパンドラメニューが表示される。

19、×ボタンを押し、1.50のFWを強制上書き。

終了~っと

次の記事で改造したバッテリーの直し方を説明します。

FC2BLOGランキング
クリックよろ^^
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。