Despertar del Cementerio v4 

どうも、

今日はパンドラバッテリーを使用して、 PSPを改造したり、 Flashの壊れたPSPを直す、

Despertar del Cementerio v4の紹介です。

v4ってことは v3もあるの!?という方、ご名答です。 v3もあるのですが、最新版の方がよろしいかとお思い、

v4にしました。

では 導入法を。

その前に カスタムテーマを標準に戻しておいてください。

必要なもの
1、Despertar del Cementerio v4
2、CFW導入済みのPSP-1000かPSP-2000
3、Magic Memory StickとJigkick Battery
4、FW1.50の公式アップデータ
  FW3.40の公式アップデータ
  FW3.80の公式アップデータ

導入前にやってほしいこと

パンドラバッテリー内にある、mspformatをコマンドプロンプトにドラッグ&ドロップし、

空白の後に メモステのドライブ名を入力してください。例 メモステのドライブがGだったら  ( G)というふうに入力。 Enterを押し、 yを押し、Enter これで完了

次に フォーマットしたメモステの中に、PSPフォルダをつくり、その中に GAMEとGAME150というフォルダを手動で作成してください。

導入法

1、Despertar del Cementerio v4をDL、解凍する。

2、中にある、despertar_cementerioというフォルダを PSP→GAMEに入れる。
3、FW1.50のEBOOT.PBPを150.PBP
  FW3.40のEBOOT.PBPを340.PBP
  FW3.80のEBOOT.PBPを380.PBPとそれぞれリネーム

4、先ほどリネームした3つのアップデータをメモステの直下にコピー

5、XMBより、Despertar del Cementerioを起動してください。

6、×ボタンで 起動に必要なファイルが生成されます。

7、ここからがちょっとややこしいです。 次にパンドラバッテリーを作るのですが、
もう起動に必要なファイルを6で作っているので、メモステをいじらないでください。

8、パンドラバッテリーのフォルダの中に、msinstというものがあるので 
コマンドプロンプトを開き、msinstをドラッグ&ドロップ。
msinst.exe ? msipl.bin(?のところにメモステのドライブ名を入力。)と入力しEnterキーを押す。
yを押し、Enterキーを押す。 Write MS BOOT CODE と出たら成功です。

9、pandora_batteryとpandora_battery%というフォルダを PSP→GAME150に入れる。

10、XMBより バッテリークリエイターを起動

11、×ボタンを押し バッテリーをパンドラに。

12、改造したいPSPに メモステ→バッテリーの順に入れる。

13、下のようなものが表示されたら成功。

使い方
×ボタン = CFW3.80 M33-5 のインストールします

○ボタン = 公式FW3.80をインストールします。

□ボタン = NANDを ms0:/nand-dump.bin としてバックアップを行う(できればやってください。)

L・Rトリガー+start+home = バックアップをした nand-dump.bin を書き込む、(危険なのでやらないほうがいいです。)

改造したバッテリーはこの記事を見て元に戻してください。

FC2BLOGランキング
↑クリックお願いします。 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント

DC4ですか。まだ使ったことはありませんが、なかなかです。
最近は、DC8が主流なので、そちらも記事にするといいかもしれませんね。^^
あ、それよりもPSP Toolの方が高機能かな?w

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pspriku.blog22.fc2.com/tb.php/59-e11cdf41